バンコクにおける一ヶ月の生活費レビュー

結論から言うと、私の場合、家賃や食費を含めて、一ヶ月7~8万円あればバンコクで暮らせていけそうです。

以下、自分なりの考察です。

固定費

  • アパートの家賃:7000バーツ
  • 冷蔵庫レンタル代:500バーツ/月

計7500バーツは最低限必要な固定費となります。

一番気にしていたのは、電気代。

タイというかバンコクの場合、電気代は例えば、7バーツ/ユニットという表現が殆どで、一体月にいくら掛かるのか全く不明でした。

ほぼ毎日のようにエアコンをガンガン使うので、一番気にしていた変動コストです。

月末にその月の請求書がドアの隙間から投げ込まれるので、それを確認した結果、

  • 4月:1300バーツ(稼動期間-20日間)
  • 5月:1500バーツ(2週間ほど帰国していたので、その間は冷蔵庫は稼動。エアコンはストップ)
  • 6月:1500バーツ

という結果でした。

バンコクでは一番暑いとされる4~5月が上記の料金なので、個人的には思ったほど高くはない印象です。

6月は、まるまる一ヶ月の電気料金となりますが、一時期に比べ気温も下がってきたので、クーラーは止めたり動かしたり、という状況もあり、かなり安い結果となりました。

水道料金

  • 4月:38バーツ
  • 5月:57バーツ
  • 6月:76バーツ

バンコクにおいては、水道料金は、ほぼ、無視してもよい感じの費用です。

以上、まとめると、ザックリとですが、一ヶ月の賃貸関連の費用は10000バーツをみとけばいいだろうと判断しました。

次に、毎日の食費等の完全な変動費です。

これについては、子供の時以来の小遣帳をつけた6月だけのデータとなります。

日本における私の生活パターンをバンコクでも続けており、条件としては、

  • 食事は朝は自室で野菜ジュースとコーヒーのみ
  • お昼過ぎに、喫茶店で菓子パンやサンドイッチの超軽食とコーヒー
  • 夕食は一日の分をガッツリと食べる。
    日本では牛丼屋で特盛りとか、やよい軒を好む

等です。

これは、結果論ですが、結局、6月は毎日が屋台飯で、フード・コートや日本料理は一切利用はしませんでした。

また、バンコクの場合、日本とは異なり、飲料水はセブン・イレブン等で購入する必要があります。

結果、夕食は、

 合計:1850バーツ

です。

どうも記録忘れがあるようで、上記は22日分の合計となり、一食(夕飯)の平均は約80バーツとなります。

上記にも書きましたが、セブン・イレブンでは飲料水と朝のトマトジュースを購入した訳ですが、

 合計:940バーツ

です。

日本の時には毎日通っていた喫茶店ですが、今のアパートの周囲や最寄のMRTの駅近くには、廉価な喫茶店はなく、仕方がないので、ラマ9駅まで行って、ミスタードーナッツを利用しています。

その合計が

 合計:2630バーツ

です。

こうして見てみると、屋台飯と比べると結構な費用です。

特に、MRTやBTSの6月の総費用は、1480バーツとなり、絶対的な金額としてはそれ程ではありませんが、他の費用と比較すると、結構な比重で、かなり割高であると考えられます。

バンコク市内を移動する場合、MRTやBTSは確かに便利ですが、コスト的な面を考えれば、時間が許せばバスの利用を考えた方がよいかもしれません。

あと、主だった支出は、

  • AISのTop Up:200バーツ
  • 頭痛薬:600バーツ(私、偏頭痛持ちなので。。。)

といったところ。

しめて、6月の総支出は、

 7400バーツ

となった次第です。

結果、6月の総費用は、

家賃関連 10000バーツ+7400バーツ=17400バーツ

ということになります。

私の場合、

  • 趣味は金のかからないモノ
  • お酒は何年も前にやめた
  • 同じくタバコも何年も前にやめた
  • 今のところ、夜遊びには興味がない
  • タイにまで来て、割高な日本料理を食べたいとは思わない

といった人間なので、多くの人にとっては、この費用は最低限のものであると考えている次第です。